auPAY攻略

auPAYの支払いフローを理解して効率良く仕入れる

今日はauPAYです。

最近始まったauPAYですが
知名度もさることながら
実践者は殆どいないんじゃないでしょうか(笑)

基本auユーザのみが対象

特徴として、
auユーザーしか意味をなさないということです。

一応、docomoでもソフトバンクでも
au WALLETアプリ自体は使えるのですが

最大の恩恵である三太郎の日(3日、13日、23日)で
20%還元を得るには

「auスマートパスプレミアム」が必須であるということです。
(上限は5,000ポイント、仕入れ上限25,000円)

これががいきなりハードルを上げています。

僕は過去2回実践しましたが、
最初の頃は店員さんでさえ
auPAYを把握していない方がいました。

こんな状況なわけですから
一般ユーザーに浸透させるには程遠いんじゃないかなと。

au系のモールとの相性が抜群

そしてこのauPAY
Wowmaやau WALLET Marketとの相性が良いということです。

このモールで溜めたau WALLET ポイントを
チャージすることができます。

つまり、

  • Wowmaで仕入れ
  • auPAYで仕入れ

で簡単に1万ポイントくらいなら獲得することが可能です。
(残りはWOW!ポイント)

そして、付いたポイントで
またauPAYを使って5,000ポイント還元を得る

という循環を起こすことができます。

ここで、デメリットとしては
auPAYの5,000ポイントは月に1回しかできないと言うことです。

ただ、

携帯が十何台もあると1日で消化するのはしんどいので

3日に分けられるのは非常にありがたいので
僕としてはむしろメリットなんですよね。

auPAYの支払いで使えるとある技とは…

ここで感のいい人は気付いたかもしれません。

10,000ポイントしかつかないのに
 なぜ25,000円仕入れ
 5,000ポイントの還元を受けることができるのか?

ということです。

ここにはちょっとした技があります。

auPAYの支払いですが
溜まったポイントで支払いをする

でも、
ポイントが25,000も溜まらない
そう言うときは

通信料合算でチャージする。

これが正解です。

元々は別のノウハウでしたが

ここにきて
かなり応用の聞く手法となりました。

どういうことかというと、

例えばWowma、auPAYで、

10,000ポイント溜まっている状態で通信料からチャージをすると

15,000円のチャージで25,000円の購入ができます。

キャッシュフローを把握してキャッシュアウトを防ぐ

ここで注目するのはキャッシュフローです。

例えば、3日ないし13日にauPAYを使うなら
月の前半戦にチャージすることになります。

これをクレジットカードでやると
42日ないしは32日の支払いサイクルになってしまうのですが

通信料チャージの場合、
月末締めですので次回の締め日での支払いになります

ということは、
一か月30日だとすると
62~72日の余裕があるということになります。

もっと詳しく言うと、

5月13日にauPAYを使うために
5月12日にチャージをすると

クレカなら
5月15日締めで6月10日払い

通信料なら5月末日の通信料で締め
さらに通信料をクレカで払うなら
6月15日締めで7月10日払い

となるわけです。

これならば支払いより先にポイントが付きますから
支払いサイクルに余裕がでてキャッシュアウトしにくいわけです。

母数が増えると凄まじい破壊力に

たかだか10,000ポイントやそこらと
侮っていたらダメです。

僕の場合はau携帯が14台ありますので
25,000×14台で40万程の余裕が生まれます。

そのうえで14万ポイントを使用した
仕入れができるわけです。

これはデカイですよ。

僕がポイントを教えるようになった時は
Wowmaは最強に近いサイトでしたが
今は小粒ですがau全体で押し上げている気がします。

とはいえ、

au自体はMNPを始め
転売屋お断りの風潮がありますので
十分気を付けてくださいね。

ABOUT ME
杉浦礼
はじめまして。 杉浦礼です。 僕の物販を含めた稼ぎのスタイルはこれまでの自分の生き方、経験値に左右されたスタイルです。こちらに詳細に書いてみましたから是非一度御覧ください。⇒ 杉浦 礼公開プロフィール