dポイント攻略

d払いの驚異的な還元率とマインドセット

前回紹介したd払いを少し補足していきます。

19年春に行われていたd払いのキャンペーンは

d払いというアプリ
ないしは
携帯認証を使う

という前提なんですが
一部だけ例外があります。

それはdマーケットです。
dショッピングもココに含まれます)

どういうことかと言うと、
実はdマーケットではd払いができません。

一応docomo払いというのはあるのですが
今回はそれが対象外です。

なので、
例外措置として
dカードで決済すると
d払いをしたことになります。

ポイントの付き方を知ろう

少々ここでd払いは置いておいて
dショッピングの話をしますね。

dショッピングは
基本docomoユーザー専用のサイトです。

通常が1%
マスターチャレンジ(ランク別)が4%
dカード決済で2%

その上で
docomoユーザーなら
いちおしパック契約で7%
DZON契約で6%

dカード決済で(1%+4%+2%+7%+6%=)20%のポイントが付きます。

docomo専用のポイントサイト
dキャッシュゲットモールを踏めば
21%ですね。

そこに10日20日30日のdショッピングデーなら
更に19%のポイントがつきますので、

月に3回も ポイント(21%+19%=)40%の日があるわけです。

キャンペーンが重なると驚異的な還元率に

また、複数のキャンペーンが 連動するのも特徴です。

先日も、
d払いのスーパーチャンス30日が重なり
dキャッシュゲットモールが5%になったので

実に63%バックという驚異的な還元率でした。

こういうボーナスみたいなセールが今後も実施されることでしょう。

そんな感じでdポイントが溜まりやすいわけです。

dポイントの弱点と回避策

しかし、dポイントには弱点として

  1. ポイントを使用した時にポイントがつかない
  2. 税抜きでポイント計算をする
  3. 転売に厳しいお店が多い

の3点があげられます。

ここが他のモールと大きく違うことです。

ちなみに、(2)と(3)は注意しながら仕入れるしかないですが、
(1)10日、20日、30日に使用するという手があります。

もう一つ僕好みの技があるのですが、
まだ試してなかったので今度試してみますね。

【重要】ポイントに関する重要なマインドセット

決済系は電脳でも有利なのですが、

僕としては
電脳で溜めてリアルで使う

これを推奨しています。

これが出来た時に
地味ながらも確実なキャッシュのコントロールができます

電脳が流行っていますし
電脳のポイントも再現性が高いです。

でも、重要なのはその使いみちです

ポイントは「溜めること」と「使うこと」がセットです。

この考えが出来ない人は
まずお金が増えないと思っていただいて構いません。

決済系は新しいポイントの形ですが
基本は変わりません。

十分なストーリーをもって
お金を残すために有意義に使いましょう。

ABOUT ME
杉浦礼
はじめまして。 杉浦礼です。 僕の物販を含めた稼ぎのスタイルはこれまでの自分の生き方、経験値に左右されたスタイルです。こちらに詳細に書いてみましたから是非一度御覧ください。⇒ 杉浦 礼公開プロフィール